Menu

オスグット病:半月板損傷 :ひざ痛、膝の水

Home
<:オスグッド::半月板損傷 :膝痛、膝の水  症例説明>
「無痛ゆらし療法(PST)」で短期間で回復した実績が報告されてます

オスグット病

成長期の子供に多く見られる膝の痛みです。
特にスポーツに真剣に取り組んでいる子供ほど発症する傾向にあります。痛みの強さや症状に個人差はありますが、子供にとって深刻な膝の病気です。

◎成長期に無理な運動を重ねてしまうと、身体の回復が間に合わない。
◎筋肉の使いすぎ
◎膝の筋肉の異常緊張
◎神経圧迫それを脳が察知
◎もうそれ以上膝を使うなとの警告として痛みが発せられる。

痛みの原因は使いすぎによる疲労です
過度の疲労によって膝周りの筋肉の緊張が取れなくなり、膝蓋靱帯が骨に押される形で裂けてしまうことで痛みが生じます。

成長が終わるまで待たなくてもきちんと筋肉の疲労を解消することで関節も本来の動きを取り戻し、痛み無く運動を行うことが出来ます
2回~5回位で良くなっておられます。

半月板損傷

膝関節の左右にある内側半月板と外側半月板があります。
スポーツ、交通事故、等の外傷や変性により損傷、断裂した状態の一般的な総称です。
自覚症状は、疼痛,腫脹、歩行障害、膝折れ現象などがみられる。
可動制限、水腫、圧痛がみられ、保存的に治癒にみちびくものや、半月板除去手術をおこなうものもある。

無痛ゆらし療法では
大腿4頭筋や膝周りの筋肉の緊張を解消し半月板への負荷を軽くすることで関節の接合面を整え半月板にかかる圧力を均一にします。
そうすることで手術を行うことなく、つぶれたり、きれたりした半月板の回復を促進します。

ひざ痛:膝の水

関節軟骨の磨耗、骨棘の形成、 関節可動域制限等が起こる疾患です。
明らかな原因のあるものと そうでないものとあります。
明らかな原因が認められないひざ痛は 肥満、内反膝(O脚)の人がなりやすいとされています。
肥満は膝に余分な体重の負荷がかかるため,内反は関節軟骨の磨耗を促進するためではないかと考えられています。
症状としては、歩行開始時、階段の昇降時、長歩きなどで痛みを伴います。

無痛ゆらし療法では
膝関節周辺の筋肉の異常緊張によるものと考えます。
緊張した筋肉が骨を引っ張って関節の間が狭くなってしまい、関節を動かす時に腱や軟骨を摩擦、圧迫が強くなって、痛みがでたり、水がたまったり、軟骨がつぶれたなどと症状がでてきます。
ですから筋肉の緊張をとりのぞき、正しく関節を可動させることにより短期間で痛みの改善をします。

料金

初回 6000円  次回より 5000円です。
最終施術日より3カ月を過ぎて来院の場合は初回扱いとさせていただきます。

来院の際は ご予約お願いします。
ストレッチのきいたスラックスかゆったりしたジャージを着用か、ご用意ください。
タオル1枚ご持参下さい

体験談

<男性 41歳 ジャンパー膝>

加重しない状態では膝はまげれるが、体重をかけると膝が痛くてほとんど曲がらなかった。
施術後 90度ぐらいまで 体重をかけて 曲げれるようになった。
2回目で軽い痛みがあるが、完全に しゃがめるようになった。
1回目の施術の翌日、どうしてもやめられない野球の試合があったが、今まで運動後は2、3日痛みが取れないのに今回は短時間で回復したので びっくりした。

無痛ゆらし療法 院長あいさつ
保険施術 Q&A